あなたもしょうがで体をぽかぽかにしませんか?

今年はしょうががブームですね。
テレビでもしょうがを使ったさまざまな料理が紹介されています。

おかずだけでなく、

・にんにくしょうが
・金時しょうが
・しょうが入りコラーゲン
・しょうがサプリ


等々、しょうがを利用したレシビがたくさんあるようですね。



しょうがの辛み成分であるジンゲロールやショウガオールやジンゲロンには血行を促進する作用や、体を温める働きがあり、新陳代謝を活発にし、発汗作用を高める働きがあります。 

また、強い殺菌力があるのも辛み成分の特徴です。

香り成分は、食欲増進の働きを持つシネオールが含まれていて、疲労回復・夏バテ
解消に役立ち、解毒・消炎作用もあります。

これら辛み・香り成分には抗酸化作用があり、老化を防ぎ、がんの発生・進行を防ぐ効果があります。
辛みと香り、かなり重要な役割をしてくれているんですね。


しょうがは殺菌作用があるので おすしや煮魚についていたりするんですね。
ただの飾りではないんですね〜。
しっかりたべちゃいましょう。

癌は低体温の人を好むそうで、しょうがで体を温めると癌抑制の効果があります。
気軽にしょうが入りの飲み物や食事をつくり、からだを常にあたためておき、健康をたもちましょう。


そのほか、しょうがは飲み物にするのもいいようです。



はちみつしょうが
しょうが紅茶
しょうが湯
レモンしょうが
しょうがココア


などのがあります。
チューブのしょうがを代用してもいいようです。(それはありがたい)


さて、しょうがの保存方法ですが

常温で、だいたい3〜4日は持ちます。


洗って水気を取り、一回使用分くらいづつラップにくるんだり、パックで保存すると、一ヶ月くらい持つようです。
ラップにくるんだものを冷凍室にいれて保存もできます。使うたびに小出しで解凍し使うようにすると便利ですね。

でも一度冷凍すると香りがかなりなくなるのでかおりを楽しみたいのなら、やはり生で早く使い切るの
がよいでしょう。


すこしは、しょうがについて知っていただくことができましたか?
今年こそ、しょうがで冬を暖かくすごしませんか?

自己破産 大阪

パネライ 買取

港区高輪 不動産

春日井の歯科なら